隻狼:トロフィー集めの旅2

・父越え

f:id:A4de_copy:20190411032418j:plain

『戦場で拾った飢えた狼が、よもやここまでになるとはな』

義父との戦いです。天守閣での梟とは違い、『危』攻撃の下段、突きがありました。が、どちらも予備動作がデカかったり回避しやすかったりするのでそこまでの苦戦はしませんでした。第2ゲージの大技もボーナスタイムでしかありません。火の鳥を飛ばしてきた後は確定で突きなのでジャンプ回避後にステップをすることで安全に体幹を削り、ダメージを入れることができます。義父は剣聖、怨嗟と並ぶ強ボスと言われていましたが、ゲージ数の関係もあってか剣聖、怨嗟レベルよりは一段落ちるかなといった印象でした。自分が上手くなったってのもあるんでしょうけど。

 

・身体力の極み

f:id:A4de_copy:20190411033145j:plain

4週目にして遂に身体力を極めました。とは言っても2,3発喰らえば死ぬのでこんなもん飾りです。

 

・怨嗟の鬼

f:id:A4de_copy:20190411033838j:plain

最後まで戦う気になれなかったボス。1周目時点でもちょいちょいちょっかいはかけていたんですが、弾きがそこまで有効ではないためブラボ戦法を取ることになるのが嫌でした。火牛と並ぶ嫌いなボスです。せめて2ゲージなら楽しめたかもしれませんが…まぁ、トロフィーは取れたので良しとします。4週目ともなると敵が硬くなっているのでだるかったです。体幹を削れるボスはそこまで感じなかったけど怨嗟タイプは周回での敵の強化を感じられますな。

f:id:A4de_copy:20190411034248j:plain

怨嗟を倒したことでトロフィー『死闘の果て』を入手。一つのセーブデータですべてのボスを倒す必要があるので、周回は必須です。剣戟が楽しいゲームでラストを飾るのが剣戟全否定のボスってのもしっくりきませんが、まぁ一つくらいこういうボスが居てもいいのかもしれません。個人的にはブラボに帰れって思いました。

 

・人返り

f:id:A4de_copy:20190411034432j:plain

怨嗟で萎えてたところを剣聖に癒してもらいに行きました。人返りは、全エンディングの中で一番きれいな終わり方をしたエンディングだと思います。ラストの狼のセリフ、『最後の不死を、成敗いたす。人として、生きてくだされ』ってのは心に来るものがありました。まさかこんな血みどろのゲームで最後に待っているのが感動とは…。

 

・忍義手の極み

f:id:A4de_copy:20190411040220j:plain

1周での源の瑠璃の取得数に上限があるため、これも周回必須のトロフィーです。一応瑠璃強化はしたものの、手裏剣以外の使い道があまり分からないという…。個人的にはそこまで強すぎる忍び義手もありませんし、そこそこ良い調整なんじゃないかなと思ってます。とはいえ、一部義手の使いどころがなさすぎるのも事実。

ただ、忍び義手の使い方については、今後もっと発見されるものがあるかもしれないので何とも言えないですね。獅子猿に槍ぶち込んで引っこ抜くなんて最初に見つけた人はどんな発想力をしていたのか…はたまた偶然の産物か。どちらにせよ、一つのボスに対して様々な解があるというのは非常に面白いです。

 

さて、これにて残るトロフィーはスキルポイント取得のみとなりました。終盤の虎口階段でマラソンするという手もありますが、周回してスキルポイントを溜めることを選択。ゲーム自体が楽しいので周回も苦ではありません。ほんとに買ってよかったな隻狼。